【2023/6/30】30代ゲイの資産大公開

資産の推移

6月の資産について大公開します。結果的には、円安効果もあって前月比+300万円以上の大勝利となりました!総資産額は7600万円に達し、過去最高を記録中。一方で、円レートは144円/ドルという水準で、資産増の主要因となっており、今後の変動に注意が必要です。とはいえ、単純に資産が増えたのでめちゃくちゃハッピーな6月となりました。

ちなみに前月の資産は添付よりご確認いただけます。

【2023/5/31版】30代ゲイの資産大公開

30代ゲイの総資産のポートフォリオ公開

現金比率(31%)について

前月の32%より若干割合低下も、総資産の増大によるものです。目下の悩みはこの高すぎる現金比率をいかに下げるかです。私としては、高配当のETF投資に興味があるのですが、如何せん円が安すぎて、米ドルに換金したくない心理が動いています。せめて円が120円台になれば、と思うのですがアメリカでは更なる金利上昇の噂もあり、日本政府が介入しない限り難しい状況かと。ああ、日本円の価値がどんどん下がっていく、、

投資信託比率(43%)について

前月の41%から+2%となりました。金融資産の増加は、まさにお金が働いてくれた結果なのでめちゃくちゃ嬉しい。去年の相場が嘘のような好調さです。まさにインデックス投資は長期目線で考えることが重要ですね。

ETF比率(8%)について

ETFの比率は微増です。株価も昨年に比べると上がってきてはいますが、もう一押しほしいところ。6月は微々たるものですが、配当金も出ました。投資信託と違って配当金が出るのがETFのいいところです。もっとくれや、、って思い始めてます。次に投資するなら、高配当のETFかな。

積立NISA比率(2%)について

NISAも割合は低いながら、着実に増えています。来年から新しい制度が始まるといえど、今のNISAとは限度枠が別になります。もし迷っている人がいれば、いますぐNISAを始める事をお勧めします!

自社株積立て比率(3%)について

個別株も好調です。前職の持ち株は日経平均株価の上昇をうけ、なんと前月比20%増。退職すると持ち株会からは脱退するので、6月には初めての配当金も受け取りました。配当金利回りは約3%。なかなかいいじゃないか。

もう二度と働きたいとは思いませんが(笑)、未来のある会社だと思うので、株の保有は継続したいと思っています。

まとめ

6月の資産は前月比大幅増の大勝利でした。もともと23年度はリセッションが起こると言われていたので、改めて市場の動きは読めないと実感します。ただ、金利があがった状態のアメリカ経済がいつまでこの好調を維持するのか疑問もあり、また中国の足元の景気減退も気になるところ。23年度後半はやっぱりリセッションです!みたいな展開も考えられる気もします。何はともあれ、私は今の金融資産をしっかり維持して、積立を継続するのみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました